SDGs 持続可能な開発目標

SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標の略称)は、2015年に国連サミットで採択され、「誰一人取り残さない」という理念に基づき、飢餓・貧困・健康・教育などの世界的な課題を解決するために、2030年までに国連加盟諸国が達成すべき17の目標が掲げられています。
 
私たちWOOD LIFE style 丸守木材(株)はSDGsに賛同し、家づくりだけでなく、住む人が心地よく暮らせるための環境や街づくりを目指し、持続可能な社会の実現に向けて事業を展開していきます。環境に配慮した自然素材を使用し健康的な住宅をつくることから、取り組むべき課題を積極的に考えます。
 

自然素材の家・健康住宅 耐震等級3で安心して暮らせる住まい 冬暖かく、夏涼しい、快適な暮らし

・自然素材(サンゴの塗り壁・天然木)を使用する事で、子どもからお年寄りまで快適に暮らすことができる健康住宅を作ります。
・地震による不安をなくし安全に安心して住み続けられるよう、耐震等級3を取得します。
・家の中でヒートショックを起こさないよう温度差のない住宅、環境に配慮したクリーンエネルギーを実現します。
 

女性の雇用を増やし子育てしながら働きやすい環境を 工務店としての知識を広めるための勉強会を開催 作り手と使い手の持続可能なライフプランを提案

・地域に必要とされる企業になることで、働き甲斐のある企業になる。また女性や非正規社員を平等に雇用しジェンダーレスな社会を目指します。
・過剰で異常な森林伐採を防ぎ、環境に配慮した家づくりを提案します。
・技術や知識を広く共有し、知識の貧困をなくします。
 

家づくりの連携を 楽しい家づくりで地域の活性化

・工務店、施主、工事店、自治体との連携で目標を達成します。
・自社流働き方改革による業務の効率化をし、誰もが無理なく安心して働ける環境にします。